12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-02-21 (Tue)
5
こちらのチンチラのネザーさん。
42
ジョセフィーヌくんの分身さんになります、羊毛ウサギさんを制作させていただきました。
IMG_1216.jpg
こちらが羊毛ウサギさんです。
IMG_1211.jpg
くん・・そうなんです。こんなに花のような顔して男の子
IMG_1330.jpg
おヒゲは本物の抜けヒゲを。
IMG_1324.jpg
内側には抜けた毛を入れさせていただいています。
IMG_1308.jpg
ウサフェスでブースに足を運んでくださり、直接お話し伺わせていただきました。
IMG_1275.jpg
(分身さんご希望するって時点であたり前だし皆さんそうなのだけど)直接お話し伺っていると本当に大切な存在なのだと伝わってきて
IMG_1232.jpg
この気持ちを裏切ってはならないと。
IMG_1427.jpg
もちろん直接どうこう関係なくやれることは全てつぎ込んで制作させていただいているのですが
IMG_1422.jpg
気持ち型わってくればくるほど、自分のうちの子と重ねてしまいます。
IMG_1394_20170221113425b6b.jpg
同じような気持ちをみんな抱いてご依頼くださるのだし
IMG_1380.jpg
このブログを見てくださっている方たちも、ウサギさんが好きな思いだったり、ウサギさんに特に興味があるわけではないけれど、羊毛作品が見たいからだとか。
IMG_1336.jpg
理由はさまざま、意識の向いている方向もいろいろだと思いますが
IMG_1454.jpg
足を運んでくださり、見てくださっている方たちにまた見たいと思っていただけるような作品作りを続けていきたいです。
IMG_1452.jpg
なかなか制作に時間がかかりご迷惑おかけしてばかりなので、手抜きにならない・早く制作できる方法をできるだけ早く見つけたいです。
IMG_1446.jpg
実はジョセフィーヌくん。制作中に亡くなってしまいまして・・。10歳という年齢を伺ってなるべく早くと思いながら、ちょうど体調を崩した時期に重なってしまって(言い訳になってしまいますね)結局間に合わず、それが心残りでなりません。
IMG_1445.jpg
より早く、でも正確に制作できるようにならないといけない。ずっと思ってきたことではありますが、このことがあり、より真剣に取り組まなければならないと強く思いました。
実は8年くらいずっと拝見させていただいている方の、別のウサ飼いさんの話になってしまうのですが、今朝がた亡くなってしまった子と離れたくなくて、その思いから大きな決断をした思いをつづった記事を読みまして・・。
8年間私も愛情たっぷりの暮らしぶりを拝見させていただいていたので亡くなったことを知ったときはとてもショックでした。
うちの子でなくても、写真だけしか知らない子でもやっぱり悲しい。亡くした悲しみもよくわかりますし、ずっと一緒に過ごしてきた過程も見てきたというのもありますし。
みんないろんな気持ちを抱えて悩んで、そういうこと分かっていてもやっぱりそういった気持ちに触れる機会があると改めて考えてしまいます。
会ったことのない子でもお話を伺うたびに、うちの子と重ねて考えてしまって。
ずっと離れたくない大切な子を残したい気持ちがわかるから、分身さん制作には妥協したくないです。でも命には限りがあるのだから、年単位でお待たせするのはやっぱり良くないです。
「より早く、でも正確に」今年の目標にして頑張っていきたいです。

ジョセフィーヌくん。そしてご依頼くださったお家の方。これからもずっと一緒に、これまでのような時間が過ごせますように。

大切な子の分身さんをご依頼くださってありがとうございました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 製作日記 |