123456789101112131415161718192021222324252627282930
2013-08-10 (Sat)
*記事下に追記有り*


かなり久々になってしまいましたが、オーダー製作させていただいた羊毛うさぎさんの紹介です。
IMG_5044.jpg
こちらの三毛ウサギ マカロン ちゃんの分身な羊毛ウサギさんを制作させていただきました。 
ライオンさんのミックス。
IMG_5043.jpg
今回は三毛・その入り方も複雑ということで複雑な子の枠でやらせていただきました。
複雑な子でやらせていただくのは、オーダーメイドを始めて初めてです。左右のまつ毛の色も違い、模様も入り組んでいて、この模様はこの写真ではこうなっているけどこの写真ではこうだからと、何がどうなっているのか悩みながらの制作でした。
でも模様は換毛のたびに変化があるのでだいたいこんな感じ。でいいですよと、言っていただけまして肩を張らずにできました。お心遣い感謝します。
IMG_5042.jpg
ポーズの参考写真がこちらで
IMG_5030.jpg
同じようなアングルで撮影してみました。
IMG_5039.jpg
こうして並べても区別つかないくらいのものができるようになりたいな
IMG_4984.jpg
昼間は暑すぎてとても野外に出ていられないので早朝に公園に行って撮影したのですが、朝6時ちょっと前に到着したのにすでに結構人がいてびっくりしました。
暑いので活動時間が朝にづれている人が多いのかな。
IMG_4983.jpg
とは言っても広い公園なので周り人だらけなんてことにはならないのですが、人の目がある中で撮影ってなんだかドキドキします。
と、撮影をしていたら話しかけられまして、「動かないけど本物ですか?」と聞かれました。
よく聞かれることなのでいつもどおり羊毛なんですよーと話していたら、
「うちの猫を作って欲しいんだけどお願いできますか」と
IMG_4973.jpg
家の子が高齢で弱ってきたところにこの暑さで水以外口にしなくなってしまった。本格的に体調を崩してしまい、今年の夏越せるかどうかわからない。
それで息子さんと何とかして姿だけでも残せないかと話しているところだったそうなんです。

私はウサギ専門なのでお断りしましたが、猫の制作をしているところもあること。探し方やオーダー作成のすすめ方とかをお話をしました。
撮影中に話しかけられる事は結構ありますが、オーダーメイドそのものの話をしたのは初めてでした。

話の内容からその猫ちゃんが今年を乗り切ることが難しいことは明らかで、ご家族の気持ちもすごく良くわかるし、なんとかできたらと思うけれどこれが今の自分の精一杯。目の前に切羽詰った人いるのにこれだけしかできない。
せめて元気を出してもらえるような気の利いたことでも言えればいいんですけど、言葉が出てこず。自分のボキャボラリーのなさが悲しかったです。
IMG_4974.jpg
今回カメラのいろんなモードや設定で撮影のチャレンジしてみましたが、羊毛ウサギさんにあっているかな?と思ったのがこの2つのモードで、これがパソコンで作業するのに最適というモードで撮影したもので
IMG_5035.jpg
こちらがお任せモードで撮影したものです。
どっちも結局はオートなんですけどね
色合いがかなり違いますね。
下のほうが立体的に見えるような??

現在製作中の子は、なんとぼうずくんそっくりさん!!とってもぼうずくんにそっくりなモデルさんなので、ぼうずくん制作しているような錯覚しつつ進行中です♪

以下追記です


ツーショット写真を送っていだたけました♪ありがとうございます!
image.jpeg
この度は大変お世話になりました。
大切な子の分身を手がけさせていただきましてありがとうございました。いつまでも一緒な素敵な時間を過ごせますように^^

お名前間違えて記載してしまい、大変失礼なことをしてしまいました。
お詫びとともに訂正させていただきます。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 製作日記 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する