12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012-07-11 (Wed)
茶色の濃いオレンジネザーのおでんちゃんをモデルにした、羊毛ウサギさんをオーダーしていただきました。
写真2
口元が品のある、女の子らしいお顔のウサギさん。
写真
この口元の魅力がなかなか形にならなくて試行錯誤の製作でした。

今回も毛色のサンプルの快諾していただき、ありがたくお願いしました。お手数おかけして申し訳ないです。
写真3
作成させていただいた羊毛うさぎさんがこちら
213-12.jpg
もうすぐ行われる結婚式のウェルカムドールにしていただけるそうです♪
213-16.jpg
上からみた、この角度が一番似ているといっていただきました。
213-19.jpg
実は今回、なかなか似なくてこれは煮詰まってしまっているな・・このまま続けていても訳分らなくなって時間だけ過ぎてしまうのではないか・・と、恥を忍んで今こんな状態なのですが・・と、写真を見ていただき、いただいたご意見を参考に修正して完成にこぎつけました。
ご指摘いただいて初めて気づくことが結構あり、ご意見いただけてとても助かりました。
213-9.jpg
信じてご依頼くただいたわけで、お金をいただくわけで。
自分の力で解決すべきこと・・なのは重々承知しています。それを聞くとか作り手として失格です。
それなのに「一緒に作らせていただいたような気持ちになりとても嬉しく思っております。」といっていただけて。
へこんでいたのでその言葉に救われました。
だからといって甘んじていてはいけませんが。

『ウサギ』限定だとしても種類はもちろん個性もあるし、どうしても作りやすかったり・作りづらかったり、得意だったり苦手だったりはある訳で。
でもオーダーをしているとさまざまな子の製作を手がけることになります。自由に好きにな製作だったら作成したかな?と思うタイプも中にはあります。そしてこんな特徴のあるうさぎさんいるのか。という驚きと発見。
毎回勉強で、モデルさんのいない『うさぎ』が完成系ならかすりもしないいろんな事が大なり小なり、毎回あります。
オーダーは大変ですが、いろんな子に出会え、いろんな経験をつめてこなれていけそう。
しかも羊毛フェルトという技法そのものも発見が多く、今まで300うさくらい羊毛うさぎさんの作成していますが、未だに製作過程に決まった形がなく、製作のたびに細かい部分でやり方は変わり続けています。
最近試験的に取り入れた毛色のサンプル制作方法も、そのとき思いついた一番良いと思われる方法を試しているので、現在4人目のご依頼主様に色を見ていただいている最中ですが、全員お願いするやり方が違っています。(たまたま今の時期に製作順がきただけなのに実験に巻き込む形になったしまって大変申し訳ないです)
いつか並んでも違いが分らないくらいのレベルになるのを目標に。
IMG_2309.jpg
到着のご連絡にツーショット写真いただきました♪
前撮りの日まで発送時の袋に入れて保管してくださるとのこと。
前取り、式と素敵なものになりますように^^

ご依頼いただき、ありがとうございました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 製作日記 | COM(2) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する