12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-06-23 (Wed)
こちらのオレンジ色のファジーロップな羊毛うさぎさんをヤフーオークションへ出品しました。
1_20100623114225.jpg
よろしければこちらのオークションの詳細ページをご覧ください。
2_20100623114225.jpg
アメリカンファジーロップをイメージしています。
3_20100623114225.jpg
毛を立てつつ抜けないように固定・・という相反する面を両立させないといけないので難しくて。
背中の もぁ~~~ 感はショータイプの子と比べたらちょっと足りない感じですが、今のところこれが私の限界かも。
4_20100623114224.jpg
羊毛フェルト作品は圧迫に弱く、つぶれ・変形しやすいです。
特性自体を変えることは出来ませんが、『なるべくつぶれにくく』 『つぶれても復帰しやすく』を目指して作成方法を模索し続けてきました。
作成している本人は羊毛の特性や、どんな風に作成したのか。全て判っていますから、直すのも簡単です。
でも、お迎えしてくださるかたには羊毛フェルトをやった事のない方もいます。
経験があっても自分が作成していないものを直すのはやっぱり難しい・・。
どんな方でもできるお手入れ・・というわけでブラッシング可能な状態になるよう心がけています。

ところがファジーちゃんはこれがとても難しい。
ただ長いだけなら問題ないのですが、ファジーの子は毛自体が持ち上がっています。
この空気感を出すためには、抜けないための固定を緩めるしかありません。それでは抜けてしまうので、今回は従来どおりの固定の上にゆるい固定層を乗せて二重にしました。
理論的には今までとそんな変らないかなあと思ったのですが、実際やってみるとやっぱり今までより抜けやすい。
しかもふわふわさせている分、へたれた時のへっこみも大きいです。

申し訳ありませんが、今までの子とくらべてヘタレやすいので、触れるのはディスプレイ位置や向きを変えるときだけでお願いします。
ブラッシングは可能ですが、まったく抜けないわけではありませんのでお手入れが必要にならないよう、ヘタレにくい扱いをお願いします。
細かいお取り扱いは取引ナビでお伝えします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
スポンサーサイト
| 製作日記 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。