123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009-07-22 (Wed)
昨日あんなだったのでまだいじけていたらどうしようかと思っていたのですが、今朝おきて様子を見に行ったら
DSCF3624.jpg
お出迎えしてくれました。よかった。いつもと同じだー。




今日は46年ぶりに日本で日蝕が観測できる日。
事前に情報を集めて整理して用意していたのに、天気が・・。
一面の曇り空。しかも雲が厚い。

昨日の晩から降り出し雨は結構な勢いで降り続いていたので、その雲がまだ残っているみたい。
これはあきらめるしかないのかなあと思いつつも空を見上げていたら、ときどき雲が薄くなるときがあり、その瞬間見えましたー!
DSCF3628.jpg
この写真だけだと月みたいですね。
雲があるので綺麗な像とはいきませんでしたが、この雲のおかげで肉眼で観察できました。
もちろん雲を通しているからといって直接見ても良いものではないんですけど。ちっょとだけ。
直接見てはいけないので、液晶の角度が変えられるカメラを利用して観察しようと用意していたのですが、晴れていたらそういうことも出来なかったみたいです。
というのも、撮影したムービーを見ていると晴れ間に入った瞬間明るい部分が真っ白になって全然太陽の形がわからない(汗
全体が明るかったら露出の感じも変わるので問題なかったのかもしれないですが・・。
機械の事は良くわからないのでとりあえずしっかり見られたのでよかったよかった。


途中画面が止まることがありますが、静止画を撮影したためです。

家のあたりで見られたのは完全な日蝕ではないので、動画を載せるほどのものではないかなとは思ったんですが、結構綺麗に撮影できたので・・。
かけ具合は80パーらしいです。
完全に隠れはしませんでしたがこれだけ欠けると影響は出るらしく、あたりが薄暗くなっていました。
日蝕のときは寒くなるといいますが、これは曇りで元々寒いのもあってよくわかりませんでした。
スポンサーサイト
| 日記 | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する